映画『007 スカイフォール』

c0185362_18131732.jpg
12月1日に公開された『007 スカイフォール』をやっと見てきました。
いつもはこれから見る人のためにも詳しい内容は書かないようにしてるんですが、もう1ヶ月以上経っているので内容にふれる記載をします。
なので知りたくない人はご注意を♪



では、まずはお約束の車破壊シーン、笑。
もう恒例となっているので今回はどの車かしら♪と思えるくらいなんですが。
c0185362_18134025.jpg
今回の餌食はフォルクスワーゲンのニュービートル。
あんな可愛いビートルが、見るも無残に重機に押しつぶされていく~、汗。
いつものことながら、ひゃ〜汗、と思いながら見てしまいます。
毎回どういう理由で選ばれるのかな、と密かに気になってます、笑。





でも、007といえばボンドカー。
Qによりカスタマイズされた007専用のビックリ装備付きの車。
窓ガラスは防弾仕様だし、武器も装備されているたり、マシンガンや煙幕装置、助手席のイジェクト機構などで強化されていたり。はたまた潜水艇にトランスフォームして海に潜ってしまったりも!
最近はこのボンドカーの登場がなかったから少々寂しかったけど、今回いきなり復活!
c0185362_18142276.jpg
「アストン・マーティンDB5」ナンバーはもちろん「BMT216A」
昔の『ゴールドフィンガー』『サンダーボール作戦』で使われたボンドカーと同じクルマなんです。
やっぱこういうのが007ですよね。
今回のこれはQが新たに作ったものではなく、MI6から払い下げされたボンドのプライベートカーらしいです♪


今回の007は驚かされることが満載だったのですが。
このボンドカー再来がビックリその1。



ビックリその2。
ボンドガールの最後があまりにもあっけなかった。。。
c0185362_18143852.jpg
セヴリン(ベレニス・マーロウ)
フランス人モデルさんで抜群のスタイル♪
どんな展開になるのかと思ったら、速攻悪役に撃たれて命を断つ…。
え?!これで終わりって感じでした。



ビックリその3
Qが若返った?!
c0185362_18144928.jpg
Q(ベン・ウィショー)
MI6の兵器支給部門のトップにボンドより若いQが登場!
以前のQはピアース・ブロスナンのワールド・イズ・ノット・イナフを最後に引退。
そして公開翌月に交通事故で他界。それ以降Qが登場する場面はなかったのですが。
新たなQが今回登場しました!
昔のアイテム「爆弾付きボールペン」はアンティークだと言ってしまう若者。
ボンドから「顔にニキビがある若造」と言われえる、笑。
でも若くてもやっぱりQ、やってくれます!


ビックリその4
悪役の歯が凄すぎる!
c0185362_18152268.jpg
シルヴァ(ハビエル・バルデム)
元MI6諜報員、ミッションで敵に捕らえられ、拷問を受けても口を割らない諜報員だったが、助けにきてくれないことで裏切られたと思い(これでMを恨んでる)、奥歯に仕込んでいた青酸カリで自殺をはかったとか。でも死に切れなくて、口の中は青酸カリで歯が溶け、歯茎周辺の骨まで解けちゃって、内臓は死なない程度に焼けたらしい。。。恐〜。
今は入れ歯を入れているのですが、Mにこんな風になったんだよ!と入れ歯を外して見せた時のボロボロの歯が凄かった。
あれってCGなのかしら?



そして最大のビックリ。
ビックリその5
Mの死
c0185362_18152955.jpg
M(ジュディ・デンチ)
今回の作品で7回目の出演とのこと。
もうかなりの年だし、引退ってことで『死』で締めくくられてます。
しかも最後の最後まで、死ぬほどの傷をおっていることがイマイチ分からなかったもんで、倒れた時はえ?!マジ?!と本気で動揺しちゃいました、汗



Mが過去に下した指令というか判断が今回のキー。
そのMを信じられるのか、ついていけるのか、ボンドはどうするのか、というのが見所。
色んな意見があるようですが、私はサイコーに面白かったシリーズになりました。
007史上2番目に長い上演時間だったようですが、あっという間にラストに。
やっぱり007はサイコー!
[PR]
by mametaro-12kg | 2013-01-10 22:29 | 映画
<< アニマル柄大好き 明けましておめでとうございます >>