No.7 クレール通り sanpo

またクレール通り〜⁈とか、言わないで下さい。。
だって、ネタがたくさんある通りだから。。もう少しおつき合いを、笑。


クレール通りは、地元のパリジャンが集うグルメ通り。
カフェはもちろん、ビストロも多くテラス席が賑やかな通りです♪

そんな通り、食材店も多くとっても魅力的です。

まずは、フロマジュリー。。
c0185362_19265061.jpg
コレ、実は朝10時頃の光景。
朝からチーズを求めて賑わってます!



ここは↓パリ最古のコンフィズリー「ア・ラ・メール・ドゥ・ファミーユ」
c0185362_19271111.jpg
色んなガイド本にも載ってる有名店ですよね。
ここは休みはなく、月曜〜土曜日は9:30〜オープンなので帰国前にチョコやお菓子を買うことも可能。
私はオレンジの輪切りにチョコがかかったやつ…すんません名前が分からず…を買いました。
c0185362_19271898.jpg



八百屋さんもいくつもあります。
今はちょうど「きのこ」の季節。美味しそうな香りが漂ってました。
ちなみに、TVで辻仁成さんに密着していた番組があったんですが、この通りの八百屋さんでジャガイモを買ってました。
c0185362_19274132.jpg



ここはお肉屋さん。
お肉屋さんの前に前後にウィ〜ンと動くちびっ子用の乗り物が!
これって日本にもありますよね!mametaroの家の近くの商店街にも50円で動くやつありますよ、笑。
c0185362_19274884.jpg
でもね、一番気になったのは、車の隣のぶーちゃん♪
これは自力でコロコロ動かすやつですよね♪


八百屋さんやお肉屋さんを通り過ぎたら、どデカいエクレアが出現!
c0185362_1928228.jpg
ここはバラ色のプラリネを混ぜたブリオッシュで有名な「プラリュ」賑わってましたよ!
c0185362_1928733.jpg





クレール通りははじからはじまで歩いて10分弱程度。
何もお店がなくなって、左右に学校が見えてきたらクレール通りも終了し、サンドミニク通りにぶつかります。
そこで目にするのがこのお店!Aux MErveilleux
c0185362_19282726.jpg
とっても人気のメレンゲケーキのお店なんですが、実際すごい人だかりで買うのに並んでました。
お値段もとっても良心的なようです。
でも、ちょっと見た目ヘビー。。。笑
c0185362_19283054.jpg
そして、作りが雑では…!!!
メレンゲ、生クリームドバッ、またメレンゲ、またまた生クリームドバッ、そしてチョコを表面にワサーー!
c0185362_19283750.jpg

なんて大胆な作り方なんでしょう、笑。
みるみるうちに完成するので、どんなに並んでてもすぐに買えるみたいでした、笑。
機会があれば食べてみたいです♪
[PR]
# by mametaro-12kg | 2014-12-10 21:55 | 海外:Paris2014 | Trackback | Comments(0)

No.6 クレール通りの蚤の市

ラスパイユのビオマルシェからの帰り、スーパに寄る為に最寄り駅のひとつとなりエコールミリテールで降りると!
なんと!蚤の市が開かれていました!
やったーラッキー♪
c0185362_18291183.jpg



クレール通りとラモットピケ大通りに沿って沢山のお店が出てました。
銀食器のお店や、古い木馬が揺れているお店。
新しいテーブルクロスのお店など、古いもの新しいものいろんなお店が立ち並んでいて、土地柄かとってもゴージャス!
c0185362_18284128.jpg



毎週開かれているという情報は入手できなかったので、パリ市内の色んな場所で開かれるブロカント、ってやつなんでしょうか。たまたまこの週はクレール通り周辺だったのかな。とにかくラッキー!
c0185362_1829249.jpg

昔は日曜はスーパーや商店は完全にお休みでしたが、最近は日曜の午前中は開いているところが増えました。
なので、ちょっと足りない食材だけ買おうと思って寄り道したのが正解♪
思わぬ収穫に♪

でも欲しいと思うのは、アンティークなウエッジウッドのティーポットだったり、数を揃えたい銀のカトラリーだったり。持って帰るのが少々難あり…なものばかり、笑。実際に購入するにはハードルが高かったです。でもね、本当に質の良いものが並んでましたよ!郊外の蚤の市まで行かなくても十分に楽しめるクオリティでした♪




c0185362_18285737.jpg
あ、そうそう、一番気になったお店はコレ。
ガスマスク屋さん、笑。
[PR]
# by mametaro-12kg | 2014-12-07 20:09 | 海外:Paris2014 | Trackback | Comments(2)

No.5 ラスパイユのビオマルシェ

さて到着翌日、日曜のParisです。
日曜ならではの楽しみということで、ラスパイユのビオマルシェに行ってきました。
c0185362_1827897.jpg



場所はボンマルシェやサンジェルマン・デプレの近く。
規模はビオでは大きい朝市となるけど、案外こじんまりとしているのね、ってのが正直な感想。
日本のデパートやら電車やら尋常ではない人混みに慣れているせいか、賑わっていても混雑しているとはおもわない、疲れずいい感じの規模で賑わってる♪って感じ。



マルシェ入り口には、ガイド本にもよく載っているジャガイモのガレットのお店が。
ガレット以外にも美味しそうなパイも売っていますが。
c0185362_18271733.jpg
やっぱり焼きたてのジャガイモのガレットの香りはたまらない!
c0185362_18272637.jpg
お好み焼きのような焼き方なのね!と観察してしまうmametaroは関西人だから⁈
食べ歩きはしないけど、せっかくなのでアツアツを購入しました。
1枚2.50ユーロ也。(冷めたものも売っています。)
アパルトマンに帰ってから温めて食べたけど、あっさりしてとても美味しかったです。



その他はバラがたくさん並んだお花屋さん。
c0185362_18273413.jpg



自家製と思われるオリーブや生パスタや、大きなチーズが並ぶイタリアンのお店。
ここではパルメザンチーズの塊を買いましたが、お値段忘れたけどとにかく安かった!
そして激ウマでした!
c0185362_18274729.jpg


この八百屋さんはキノコの香りがサイコーにそそられる♪
c0185362_18275845.jpg




色とりどりの野菜が美しいマルシェ。
日本でもこんな朝市をもっと頻繁に開いてくれたらいいのにな、と誰もが思うに違いない。。。
c0185362_182866.jpg

この写真の他にも、ヨーグルトやハチミツを扱うお店だったり、テーブルクロスや子供服だったり。様々な種類のお店が出てました。
これらのお店、人気がないと新しいお店に変わったりするのでしょうか。
ここに出店する権利ってどうやって決まるのかな、とちょっと下世話な考えがよぎったmametaroでした、笑。
[PR]
# by mametaro-12kg | 2014-12-03 20:40 | 海外:Paris2014 | Trackback | Comments(0)

No.4 私たちのアパルトマン

今回も宿泊するアパルトマンまでは、日本人がお迎えしてくれるParisnaviさんで♪
片道160€と決してお安くないけれど、専用車でダイレクトに運んでくれて、
かつ日本語で、アパルトマン会社にも電話もしてくれる・・・となると安心料込みってことで妥当なお値段に。
とりあえず、アパルトマンの管理会社への連絡がネックなんですよ~、笑。
ちなみに、17:20には車に乗り込みパリ市内へと走り出しました。
そして、お迎えに来てくれたParisnaviさんがアパルトマン管理会社に「1時間で着くよ」とお話してくれて。。。
なんですが、なんだか若干電話口で言い争ってるんですよ、フランス語で。
そして「ちょっと変わってください!」と電話を渡され、恐る恐る「もしもし」と出ると、日本語で話す男性の声が、笑。
そして、18:30にアパルトマン前で待ち合わせってことになりました。
何をそんなに言い争ってるのかと思ったら、「今は17:20で、1時間で着くから、待ち合わせは18:20にしよう」とParisnaviさんが言ってくれてるのに、管理会社が18:30にしようと言ってきたから・・・とのこと。大した差ではないので18:30で全然問題ないのですが、Parisnaviさん曰く「フランス人は自分の都合で決めてくるから、こちらも主張しなくては!」とのこと、笑。なるほど、外国に住むとたくましくなりますよね。私たちが「はは・・・」と苦笑いしたら、「あ、言いすぎですか?!」って、笑。
でもね、結局18:30に到着したんです、言い争いする必要はなかった・・・のかな・・・、笑。でも、ありがとう♪



さて、18:30に到着しましたが10分ほど待ったところで(結局待たされてる・・・、笑)、アパルトマンの中から日本人スタッフのアヤコさんという女性が出てきてくれました。今回は日本人スタッフでのチェックイン♪




私たちが泊まったアパルトマンはエッフェル塔のおひざ元の街、7区にある美味しいお店が並ぶサンドミニク通りにある立地抜群のところ。Parisnaviさん曰く「ここは家賃が高くて、なかなか住めません」って。そんな贅沢な場所にも泊まれるのはレンタルアパルトマンならではですよね。
c0185362_225112.jpg
アパルトマンを出たとことからエッフェル塔が見えるんです!
なんて贅沢な景色!


間取りは2LDK。
c0185362_2261399.jpg



アパルトマン会社のHPからお借りした写真で説明すると。
エレベーターはないですが、2階なので問題なし。
玄関を入って左側には、大きなリビングダイニング。大きな窓からはサンドミニク通りが見えます。
c0185362_2253833.jpg
クッション性のよい大きなソファがくつろげました。
c0185362_2264030.jpg


玄関右手はキッチン。朝食用にちょうどよい小さなテーブルもあります。
c0185362_2262062.jpg
5口の大きなガスコンロに、ガスオーブンもあり設備は言うことなし!
食器はヨーロッパの老舗洋食器 Villeroy&Boch ビレロイ&ボッホ ...ドイツのものですが。
c0185362_2272293.jpg




ベッドルームは二つ。
ひとつはキッチンの奥にあります。
c0185362_2263220.jpg
部屋から直接バスルームに行けます。もちろんドアはありますよ。
c0185362_2273388.jpg
ここはバスタブ付。トイレは部屋をでたところに別途あります。
c0185362_2264467.jpg




もうひとつのベッドルームはサンドミニク通り側。
c0185362_227481.jpg
ここはウォークインクローゼットがあったんですが、ドアが壊れてて使えませんでした。(開かないようになってました)
もちろんこの部屋にも専用のバスルームはあります。
ここはシャワーのみ。でも大きめのスペースで、ガラスのドアがついてるちゃんとした作り。
バスルームの中にトイレと洗面台もあります。



そして、アパルトマン滞在で活躍する洗濯機♪
ここは、洗濯機と乾燥機が別々。重ねて設置されてました。
c0185362_2271088.jpg
使い方はキチンとチェックイン時に教えてもらえるから安心♪
c0185362_2281071.jpg
今回は備え付けの洗濯洗剤で間にあったので買い足しはしませんでした。
c0185362_2272097.jpg



こんな、超~快適なアパルトマンでつかの間のパリジェンヌの始まりです♪
[PR]
# by mametaro-12kg | 2014-12-01 21:48 | 海外:Paris2014 | Trackback | Comments(2)

No.3 CDGターミナル2E到着時のトイレ

H26.11.15(土)16:40Parisシャルルドゴール空港に着陸。
この週は、関空発パリ行きが結構ダイヤが乱れていて、私たちの便も遅れたらどうしよー。。。と不安に思っていましたが、無事着いて良かったです。ちなみに、どのくらい乱れていたかと言うと、とある日は、機材不備で12:20発が夜の19時発に!そして別の日は17時発に!出発から予定が狂うとテンション下がりますよね、汗。



さて、私はビジネスクラスに乗ったので、SkyPriority(スカイプライオリティ)と言ってあらゆる場面で優先サービスを受けられます。
まずは、入国審査。SkyPriority専用レーンがあって、そこには係員がいてチケットを確認しSkyPriority対象の人だけを通す仕組み。確認できなければ絶対に通してもらえません。案外キッチリ確認するんだなと思ったり、笑。(だって何でもテキトーおフランスですもんね、笑)
これは帰りの出国も同様。
日本と違って、入国審査系は時間がかかるので(カウンターが1個しか開いてないとかザラですからね)、このようなサービスは本当に有難く予定通りに事が進みストレスフリーです。

ちなみに、このSkyPriorityは。
・プレミアムエコノミー以上のクラス
・フライングブルー(エールフランスのマイレージ会員)ゴールド・プラチナ・エリートプラス会員など
の人たちがサービスを受けられます。


このSkyPriorityの恩恵を受け、サラッとフランス入国。
フランスは入国カードの類は不要なので本当に楽です。
日本人ならまず質問もされませんしね。って、あ、私は
「コンニーチーハ!」+ウインク!という何ともラテンな歓迎もプラスされましたが、笑。



入国手続きが終わったら荷物を取りに行きましょう。
でも、その前にパリ市内に移動する時間は約1時間。トイレは空港ですませておくのがベターです。
しかも大きな荷物を受け取る前に♪

ってことで、トイレに入ると・・・



c0185362_2215986.jpg
可愛い♪




思わず写真を撮ってしまうほどの可愛さ。
c0185362_2222067.jpg
これ、バシバシ撮ってたらフランス人のマダムから「トイレで写真撮ってるの???」と驚かれました、笑。
可愛いから、って説明すると「あ~なるほど♪ナイス!」って感じで納得してもらえました。


こうやって徐々にフランスに来たんだという気持ちを上げていき・・・笑。






荷物はSkyPriorityなので優先的に出てきますが。
出てくるはずですが、ここはおフランス。そもそもすんなりことは進みません、笑。
何も出てこない時間が・・・17:15頃でしょうか、ようやく出てきました。長かった、笑。
ここでも日本と違うことに気づくmametaro。
帰りの関空でも改めて感じたんですが、スーツケースが流れてくる際、日本なら取りやすいように持ち手の部分は手前にされた状態で流れてくるんですよね。でもここフランスでは受け取る人のこと(相手のこと)なんて考えませんので、持ち手の部分が向こう側、笑。

あ~きたきた♪と喜びながら、キャー取りにくい、汗。となるわけです。
こんな部分でも外国に来たことを感じながら、あとはそのまま出るだけ。
日本のように、荷物を受け取ったあとのチェックはなく、全くもってノーチェックで出れます。
ゴロゴロ荷物を押しながら扉を出ると、お迎えの人たちがお待ちかね♪
[PR]
# by mametaro-12kg | 2014-11-29 21:34 | 海外:Paris2014 | Trackback | Comments(0)