カテゴリ:海外:Langkawi( 4 )

ランカウイVol.4

タンジュンルーの紹介も最終回です。
残りは細々としたお勧めの場所、ものを。

まずはホテル内のこと。
毎日ターンダウン時にはチョコのサービスがあります。
c0185362_21175041.jpg
チョコの種類は毎日違うので食べずに冷蔵庫に保管してお土産に♪
この木箱も可愛くって、捨てるのがもったいな~い!

あと、これも毎日ですがフルーツのサービスもあります。
c0185362_21202854.jpg
見たこともないフルーツが置かれていることもあり、結構楽しみ。

ホテル滞在中、プールでのんびりするのはもちろんですが、他にもいろいろ満載で結構忙しかったり?!
●スパ。(これスパ入口↓)
c0185362_21231323.jpg
アロマアイルマッサージからタイ式マッサージまで何でも揃っていて、マッサージルームもきれいだしペアルームなんてのもあります。今までいろんなのをしたけど、丁寧だしいつも満足です。
c0185362_2125916.jpg
このスパではなく、ヘア・ビューティーサロン(いわゆる美容院)もあり、カットもできたりするんですが、さすがにランカウイで髪をさわられるのは不安なのでしたことがありません。ネイルサロンとしても活用できるんですが、色が豊富じゃないし、技量的にもあまりお勧めではないですね。
ただ、フェイシャルエステ、これは超お勧め!
すっごく気持がよくて、いつも爆睡してしまいます。。。

●スポーツジム
スパのとなりにガラス張りのきれいなスポーツジムもあるので、オールインクルーシブの影響でボテボテになったお腹を引き締めるために運動してもいいかもです。


●その他アクティビティ
本当にいろいろ用意してくれていて・・・
 ・パヤ島マリンパークツアー
 ・ネイチャーウォーク
 ・星の観測
 ・洞窟探検ツアー
 ・アイランドホッピング
 ・マングローブアドベンチャー
 ・ナイトマーケットツアー
 ・ゴルフ
 ・シーカヤック、ハイドロバイク
 ・ウインドサーフィン
 ・マウンテンバイク サイクリング
 ・キッズクラブ
 ・室内テーブルゲーム各種
 ・アーティサンハットでのバティック描きりレッスン
 ・RHUでのお料理教室    
これら以外にもいろんな催しを開催してくれるのですが、毎日夜、明日以降何が開催されるのか一覧表を届けてくれるので、気になったら予約する・・・という感じです。
この中でまずは絶対にお勧めなのが「マングローブアドベンチャー」
ボートで行くのですが、これ、他のお客さんとあいのりしたことありません。必ず自分たちだけのボート。
プライベート感もきっちり守られ、自然と戯れられる♪
c0185362_21404625.jpg
野生のおさるさんにあげるクラッカーも用意してくれています。[♯IMAGE|c0185362_21411315.jpg|200905/25/62/|mid|1018|762#]

いつもらるわけではないようですが、夜にはライブも開催されたりします♪
私が行ったときは南米からバンドがきていました。(ちょっと暗いので見え辛いですが…)
c0185362_21473289.jpg
プールサイドでのライブ。東南アジアですが、夜は結構涼しいのでゆったりカクテルを飲みながらの鑑賞お勧めです。

あと、ネット。ちゃんとインターネットセンターもあり無料で使えるのでかなり便利♪
c0185362_21493967.jpg



●島内観光
観光に関してはガイドブックにも載っているので紹介しなくても大丈夫かな~とは思うのですが、観光時にはタクシーチャーターが必要です。でもすっごく安いのであまり時間は気にせず、いろんなところを回ってもらえばいいのではないでしょうか。
島の中心部に行くまでには・・・
牛さんの集団に遭遇したり(渡りきるまでタクシーはしばし停車…)
c0185362_2154167.jpg
うっかり見落としそうになったんですが、道端には野生のおさるさんも
c0185362_2155660.jpg


一応人気の?!ケーブルカーに乗って
c0185362_21555255.jpg
大自然の眺めを楽しんだり
c0185362_21563238.jpg
島の中心部には大きなショッピングセンターもあるので、お土産さがしも楽しいです。
ただし、ブランド品は売ってないので雑貨ショッピングになってしまいますが。
まぁお金を使わずにいられるってことで、そういうのもいいですよね!


以上、長々とランカウイというかタンジュンルーの紹介をしましたが、本当に大好きな島、ホテルなんです。機会があればぜひ行ってみてください♪
[PR]
by mametaro-12kg | 2009-05-25 22:00 | 海外:Langkawi

ランカウイVol.3

旅先でのお食事ってとっても大切で、とっても楽しみなもの。
ここタンジュンルーではレストランも充実しています。
 1.メインダイニングのRHU(ルー)…ディナータイムのみ
 2.カジュアルなSANDS(サンズ)…朝から晩まで
 3.地中海料理のSAFFRON(サフラン)…ランチ~ディナータイムまで
 4.リーディングルーム…終日、コーヒーや軽食、アフターヌーンティー
 5.プールサイドのバー…昼ごろ~日没まで、ドリンクや軽食
 6.プライベートディナー…白い砂浜でのディナー
 7.ルームサービス…24時間
c0185362_1818153.jpg


というのも、町中まで行くには遠いので・・・ランカウイはさほど大きな島ではないですが、やはり自力で島中心部に行くのは大変。タクシーで行くしかない。
多分、このホテルの宿泊客は基本的にホテル外での食事は考えてないんだろうな~。
だってオールインクルーシブという素敵なプランがあるんですもの♪

ここタンジュンルーでは宿泊期間中の全食事が宿泊プランに入っているオールインクルーシブがあります。このプランにしたらホテル内の全食事が宿泊代に入っている!!!(アルコール飲料、テイクアウト、特別仕様の食事は除く)
ついでにモーターなしマリンアイテムも無料になります。
朝食は絶対についているので、朝食以外の食事が対象となるのですが…ランチタイムは12時~と時間が決まっているなどせこいこはしていません。まぁ極端なこと言えば、一日10食でも同じ料金。
毎日フランス料理のRHUで食べても同じなのです。
プールサイドでちょっとのどが買いわいた。あぁ部屋から水を持ってきておけばよかった・・・なんてことありますよね、そんなときは迷わずBarのスタッフに「ミネラルウォーターをください」と言いましょう♪
ついでに何か軽くつまめるものも頼んだり♪
だってお金のこと気にしなくたっていいんだもの。
メニューの料金のところなんて見る必要ないですからね♪


ってことで、前置きが長くなりましたがお料理映像を。
まずはRHU(ルー)
c0185362_19595670.jpg
キレイな夕日を眺めながらのディナー。
テラスと室内のどちらかを選べます。予約が必要なレストランです。
c0185362_2013553.jpg
パンもたっぷりいろんな種類がでてきます。
c0185362_2022887.jpg
c0185362_2025953.jpg

c0185362_2032412.jpg
以上、お料理の一部です。
コースメニューもありますが、アラカルトでの注文ももちろんOK。


次は朝食会場になっているSANDS(サンズ)
c0185362_205732.jpg
オープンエアーな空間です。
c0185362_2054052.jpg
朝食はビュッフェ。
アメリカンなメニューからマレーシア料理まで。とっても種類が豊富♪
卵料理もその場で調理してくれます。
c0185362_207215.jpg
これはランチの写真。
私はこのナシゴレンが大好き♪
ハンバーガーもえび天うどんなんかもあります。うなぎもあったな。。。
夜にはサーモンのお刺身もありました。でも氷の器に盛られて、ガリとタクアンとで和えられたサーモンでした・・・いわゆる、なんちゃって日本食です・・・ハハハ。


ささ、次は地中海料理のSAFFRON(サフラン)
ここも外の席か中を選べますが、木がいっぱい茂っているので蚊が多いんです・・・
なので室内をお勧めします。
お料理はパスタやピザ、パエリア。
c0185362_20122742.jpg
c0185362_20115095.jpg
これはラザニアとピザ。
ピザは好きな具材を選べます。いろんな具材があるんですけど、何種類までいいのかな???いつもこれでもかってくらい言ってます。。。


最後にプライベートディナー
c0185362_20143614.jpg
相談すれば色んな料理を用意してもらえるんでしょうけど、いつもBBQを勧められます。
このプライベートディナーはオールインクルーシブ対象外なので、頼むなら別料金です。


以上、食べ物関連でした~。
ね、ホテルの外に行く必要ないでしょ♪
でも、外にもいくつかお勧めレストランあるんですけどね。
[PR]
by mametaro-12kg | 2009-05-24 18:27 | 海外:Langkawi

ランカウイVol.2

さてさて、タンジュンルーリゾートの全景はこんな感じ
c0185362_20432462.jpg



まずは、3つあるプールを。
1つ目はサンセットプール
c0185362_20445211.jpg
プールと海がひとつになってるかのように開放感に満ち溢れています。
プールの周りには白いパラソルとデッキチェアーが並び、美しい大人のリゾート全開です。プールの深さは浅いところから足の使いない深いところまであります。

2つ目はラグーンプール
c0185362_2048833.jpg
建物の中央(中庭)にある海水の小さなプール。
子供も安心の超浅いプールです。
ただし、そもそもこのホテル子供率低し・・・ホテル側でベビーシッターサービスがあるのか、以前見た光景で先生みたいな人が子どもの面倒を見てた気が。

3つ目はサンズプール
c0185362_20511157.jpg
サンセットプールとは違い、こちらはオレンジのパラソルで元気?!なイメージ。
私としては白いパラソルのほうが、周りの景観にマッチしてるし落ち着いてるし好きなんだけどな…
このプールは全体的にかなり深め。

共通してどのプールの横にもバーやレストランが併設されています。
暑くなったら冷えたシャンパンを頼むのも良し、パラソル付きのテーブルも用意されているので↓ランチに流れ込むも良し。
c0185362_2057245.jpg
デッキチェア横に緑色の旗があるので、それを立てていればスタッフが声をかけてくれます。私はアイスクリームを頼むのがお気に入り♪
のんびり本を読んで、暑くなったらプールで体を冷やして、ちょっと口が寂しくなったらアイスで潤して…あぁ、最高の贅沢。。。

ときどきカットフルーツを持ってプールサイドをスタッフが回ってくれます。
ひとかけらのフルーツがこれまた美味しい!!!ジューシーで体にしみわたるんです♪



贅沢つながりで、私がこのタンジュンルーで一番好きな空間「リーディングルーム」
c0185362_2159622.jpg
大きくて座り心地の良い真っ白なソファーに体をうずめて、本を読む。
どこからともなくスタッフが現れ、「何かお飲み物は?」と聞かれるので、大好きなカプチーノを。食べたことはありませんが、アフターヌーンティもしています。
サンドイッチなどの軽食もあるので、静かで冷房のきいたこの部屋でランチタイムもいいかもしれませんね。
ここは海に面した場所にあり、一面が窓なので、遠くにはタイの島もちょっぴり見え真っ青な空や波を眺めていると、私はついつい本を読むのを忘れて「無」になってボーーーーーーー。

c0185362_2225373.jpg
ここには世界各国の言語の本が並んでいるのですが、どうやら宿泊客が読み終わった本を置いて帰っているようです。
なので来るたびにちょっとずつ、いろんなジャンルの本が増えている…。
あとなぜかマンガ本もあるんですよ~。
「炎のアルペンローゼ」が全巻揃っていたので、読破してしまいました^_^;
久しぶりのマンガ、結構面白かったです。
リゾートでマンガ読むとは思いもしませんでしたが。
本のほかにはDVDがありレンタルして部屋で見ることもできます。
あまり種類はないですけどね。
DVDに関しては日本から見たいものを持ってくることをお勧めします。
夜にはテラスで生演奏があり、さらに大人な雰囲気になります。


タンジュンルー、まだまだ紹介したりません、次回も続きます♪
[PR]
by mametaro-12kg | 2009-05-23 21:03 | 海外:Langkawi

ランカウイVol.1

夏休みのクアラルンプールまで、あと43日♪
もうソワソワし始めてて、何しよう、どこ行こう、何食べようと色んな計画をしているのだけれど…

アジアの中でもマレーシアは大好きな国。
そもそもなんで好きなったのか、理由はコレ↓ ランカウイ島
c0185362_22244195.jpg


はじめてのマレーシアはランカウイ島。
マイルを貯めて特典チケットでの旅行だったからホテルは
ゴージャスにしようとタンジュンルーにしました。
これがランカウイ島にハマるきっかけに。
今回はKLにのみ滞在だけど、マレーシア好きになったきっかけとなったこのホテルをご紹介♪


ランカウイはマレー半島の西側、アンダマン海に浮かぶ素朴な自然と美しいビーチが魅力の島。
アジア屈指の極上リゾートがあり、ゆったりと休日を過ごしたい人におすすめな島です。
このタンジュンルーリゾートは世界のVIPも泊まる高級ホテル。
一番狭い部屋ですら50平米のスイート。ビーチは白い砂浜のプライベートビーチ♪
ということで、この一番狭い部屋ダマイルームをご紹介。
c0185362_22424540.jpg



まずはベッドエリア
c0185362_22381030.jpg
ダブルベットもツインベッドもあります。(トリプルはありません)
ベッドエリアの手前にはリビングエリアがあり、冷蔵庫、ミニバー、プラズマTV、CDプレイヤー、DVDプレイヤーがあります。
日本からDVDを持参して、夜はまったりDVD鑑賞をして過しても良し♪
ホテル内のレストランなど施設は別棟にあるので歩いての移動となりますが、突然のスコールもご安心を。大きな傘が2本用意されているので♪
あ、あと、とっても履きやすいビーチサンダルも各部屋にあります。

お次はバスルーム
c0185362_2248027.jpg
写ってないけどシャワールームもゆったりサイズ、大きなバスタブもあって、シンクも2つあるのでとっても便利。
バスルームの中にトイレがあるけど、ちゃんと個室になってるし。

アメニティーはこんな感じ
c0185362_22511441.jpg
ホテルオリジナルのシャンプーやせっけん。
部屋の雰囲気にあった大人なデザインでとってもスッキリ!
使い心地は好みになるかな…私としては日本の使い慣れたシャンプー持参をお勧めしますが…。

さて、バスルームから出たところはドレッシングエリア
大きなドレッサーと鏡があり、引出にはドライヤー絵葉書など収納されています。
あと大きなクローゼットも。中にはバスローブがかかっていて、セイフティーボックスもあります。
ドレッサーの上には・・・
c0185362_22582375.jpg
コーヒーメーカーや無料のミネラルウォーター(毎日補充あり)、コーヒー&紅茶、そしてもちろんミロも♪


ロビーはオープンエアですが、チェックインは各部屋で行われるので、暑い思いはしません。
チェックイン時におしぼりが用意されるので日本人にはとても嬉しいサービスに感じられます。そしてウエルカムドリンクとしてアップルサイダー(と思います。毎回同じ味の炭酸ジュースです)
スタッフの方たちは本当に親切で、過去5回ほどいっていますが一度も嫌な思いはしたことがありません。フレンドリーなんだけど、ある程度の距離は保ってくれる。でも、かゆいところには手が届いてる・・・みたいな私にとっては完璧なホテル。


次回はホテル内の施設のご紹介をしま~す。
[PR]
by mametaro-12kg | 2009-05-22 23:22 | 海外:Langkawi