No.10 パン食べ比べ(先攻)

パリで起きた銃撃事件。
普段いろんな事件が起きても、日本でたくさん報道されていても、さほど気にせず普段通り落ち着いた生活をすることが多いパリっ子たち。しかし、今回はフランス全体が憤り悲しみ…それほどの衝撃を与えたテロ。私も愛するパリでこんな悲しい事件が起きて本当に驚きました。
そして、銃撃事件があったシャルリー・エブド社の場所は11区。
とあるニュース番組では現地からの中継で「観光客は来ない下町」と紹介されていて、11区と聞くと確かあまり行かないなとも思ったのですが、地図を見てびっくり!北マレのmerciの近くなんですよ!
観光客めっちゃ行くし!

早く犯人が捕まりますように、そして、怪我をされた方々が一日も早く回復することを祈っています。。。
自分がよく行く場所の近くで起きたと思うと更にショック大きくなります。
でも、やっぱりパリが好き。明日にでもまた行きたい!
なので、暗くならず、美しく魅力いっぱいのパリを一生懸命お伝えします!



今回滞在したアパルトマンの周辺は本当に美味しいお店がいっぱい♪
中でも楽しみにしていたのがパン!
パン大好き人間としては、毎日食べ歩きたいくらい楽しみにしていました。
しかも人気のパン屋さんが徒歩圏内ときてテンションMAXな毎日でした。
今回ご紹介するのは2店舗。
まずは先攻⁈として。
Le Moulin de la Vierge(ムーラン・ド・ラ・ヴィエルジュ)
c0185362_21252955.jpg

黒いファサードに金の文字が美しいブーランジェリー。
ちょうどお店のバンも停まっていました。汚れすぎで白っぽいけど、笑。
c0185362_21254551.jpg



まず食べてみたのがコレ。
c0185362_21254796.jpg
クロワッサンアマンド風のパンオショコラ。
c0185362_2126456.jpg
ボリューミーでなかなか美味。
でもやっぱり、バケットや普通のクロワッサンを食べて、シンプルなもので確かめてみたい!



ってことで、とある朝、顔も洗わずパジャマの上にコートを羽織りちょちょっと走って買ってきたクロワッサンとパンオレザン。
c0185362_2126590.jpg
このお店はアパルトマンから数十メートル。
目と鼻の先って表現がピッタリなほど近いです。


しかし、これがマジ残念、、、泣。
こんなミニサイズではなく生地の味を存分に楽しめる普通サイズが良かったのに〜!
朝早過ぎて売ってなかったのかな。オープン直後だったし。
お味は見たとおり、あまり香ばしくもなく、全然ダメ。
まぁ不味くはないけど。


渡仏前に仕入れた情報によると、この店はデニッシュ系が美味しいとのことでしたがmametaroとしてはさほど美味しいとは思えませんでした。
それに、パンの種類も少ないし、店員さんの雰囲気も明るくないし。
日本で売ってるものとさほど変わらない、っていうレベル。
今後また行きたいとは思わないかな。
お店の外観はゴージャスでフォトジェニックですけどね♪
お店の奥はケーキも売っていて、少しだけテーブルもありお店の中で食べることも出来るそうです。
[PR]
by mametaro-12kg | 2015-01-08 22:18 | 海外:Paris2014 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mametaro12.exblog.jp/tb/23209520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
お正月 >>