京野菜でPizza

パリときどきバブーのイベント『ぼわっと』のあとに京都らしい趣のある町家レストランでランチ。
エンボカ京都
c0185362_2275670.jpg

ここは京野菜を使うピッツェリア♪
烏丸御池の住宅街にひっそりとあるので、このお店を目指して行かなきゃなかなか見つからない。

私たちが到着したのは12時前。まだガラガラ。
c0185362_228544.jpg
町家独特の吹き抜けの天井が高く、とっても開放感のある店内。


c0185362_2281166.jpg
奥には座敷(掘りコタツ風ですが、靴を脱がずに座れるテーブル)エリアがあり、その奥には縁側があって、坪庭が広がります。
完全に京町屋♪
でも、リノベーションされてどこも綺麗な状態です。
トイレなんて、入った瞬間便器の蓋がぱかーっと自動でひらきますから、笑。


c0185362_2281737.jpg
カウンター越しから見えるピザ窯。本格的なピザが食べれますよ。


さて、メニューですが、休日のランチタイム限定の3000円コースもありますが、デザートもがっつりいきたかったのでアラカルトで。

まずは、店名がついてるものなら間違いないはずってことで、エンボカサラダ。
c0185362_2282512.jpg
お皿もオサレー♪
アンチョビとアボガドのドレッシングだったかな、既に固形状態ではないのでそれぞれの味が主張することはないのですが、とってもサッパリした美味しいドレッシングでした。

次は穴子の白焼き。
c0185362_2283051.jpg
百合根も焼かれて添えられてます。
そして、この白い粉は、白味噌のパウダー!!!
京都らしさ全開です♪
素材の味がそのまま感じられる、いい感じの味付け。美味しかったです♪


さてさて、いよいよお楽しみのピザです。
c0185362_2283634.jpg
生海苔と蓮根のハーフ&ハーフ。
ピザに乗せる具材までもが和風。
そして、どれもハーフ&ハーフにできるのです。
ちなみに、生海苔自体が初めて食べたのですが、塩加減が絶妙でピザに合う!
蓮根もシャキシャキ感がしっかり残ってって美味しい!
一緒に行った相方は『こういう海苔ってごはんですよしか食べたことない』って言ってました、笑。
それ、生海苔じゃないから、笑。


で、最後のお楽しみのデザートピザ!!!
c0185362_2284168.jpg
これが食べたくてアラカルトにしたんです♪
種類は一種類のみ、その日のフルーツを使ったハーフ&ハーフのフルーツピザ。
この日は、イチジクと洋ナシ。
イチジクはねっとり甘く、洋ナシはとってもジューシー!洋ナシのほうが気に入りました。
期待以上の美味しさだったエンボカ。

ここ、ピザの他にも一品料理も豊富にありますがパスタは一切ありません。
こおランチタイムでは若い男性3人で切り盛りされていました。
なので、無駄な動きが出ないようなメニューになっているんだと思われます。
シンプルな、でもひと工夫された京野菜をしっかりと食べたい時にはもってこいのお店です。

c0185362_228504.jpg
全体的に客層は落ち着いた感じ。赤ちゃん連れの方もいらっしゃいましたが、基本的に静かな雰囲気の中でお食事を楽しめるお店です。あと予約をお勧めします♪
[PR]
by mametaro-12kg | 2012-12-02 10:07 | 国内:近畿
<< ブルガリイルカフェ ぼわっとの戦利品 >>